ANARCHYの痛みの作文を読んでみよう!【B-BOYの読書】

   

僕は本が好きです。

特に自伝が好きです。

 

自分の体は一個しかありません。

体験も一人分しかできません。

でも自伝を読むと、その人の人生を経験する事が出来ます。

 

だから自伝が好きなんですね。

 

スポンサーリンク




 

そんな僕が楽しく読ませて頂いた【痛みの作文】を紹介します!

 

痛みの作文

 

B-boyなら誰でも知っている、ラフネックのアナーキー!

そのANARCHYが書いた自伝が痛みの作文です。

 

タイトルからカッコいいですよね。

 

僕は坊主頭のアナーキーが一番カッコいいと思いますね。

 

内容は

 

お母さんとの別れ

お父さんとの生活

空手の事

向島の事

お父さんのアメリカンな事

バスケの事

ベルファって言うスーパーでの戦い

ヒップホップとの出会い

ファッションの事

警察の事

暴走族の事

チームANARCHYの事

逮捕の事

少年院の事

ハイロウズの事

 

 

などなど盛りだくさん。

本当に人生全てを書いた一冊だ!

 

ヒップホップに興味ない人でもスラすら読めると思ういます!

 

もう一度読み直そう。

 

ちなみに僕はずっと向島って、島だと思ってました(笑)

地名なんですね。

 

ANARCHYがチーム名だったって事も意外と知らない人多いですよね。

そんなポイントも楽しめるかなと思います。

 

 

 

 

僕が持っているのは、こっち↓

定価1300円だけどプレミアついてるっぽい。

 

 

文庫版も出てるんですね!

なんで表紙を変えたんだ。誰だコイツってなるだろう(笑)

 

 

 

では、ご観覧ありがとうございました。

 

スポンサーリンク




 

 - 書籍 ,