RAU DEFのHYPATECHは熱いな!ZEEBRA曲カバー

      2018/01/07

最近RAU DEFと言うアーティストが注目されていますよね。

千葉・市原出身のラッパーです。

(いわゆるオラオラしたギャング的なヒップホップではなく、

どちらかと言うと純粋なアーティスト気質のラッパー)

 

 

そのRAU DEFが最近出したアルバムのUNISEXに収録されている

HYPATECHが熱かったので、書かせて頂きます。

 

(ジャケもカッコイイですよね)

HYPATECH

 

こちらが、HYPATECH↓

 

 

聴いた時、おおっ!!!

と思いましたね。ってか叫びました(笑)

 

昔からのB-boyなら感動すら覚えるのでは?

 

 

これ、ZEEBRAのSUPATECHだ!(笑)

 

↓サムネの左の人ブスだなぁ(笑)

 

改めて聴き直すとZEEBRAって超上手いですね。

 

服装も懐かしい。

名前入りのベルトとか、

ニューエラキャップのシールをツバの裏に貼るの流行ってましたもんね(笑)

 

 

それにしても最近のZEEBRAってマジ凄いなぁ。

一時は凄いディスられまくってる印象あったけど、

最終的にZEEBRAが日本のヒップホップの立役者って皆が再確認した感じですね。

若手の歌にも、こうして参加したり。海外の成功者みたいですね。

 

RAU DEFとZEEBRA

 

そもそも、この二人が一緒に曲をやるきっかけになったのは

RAU DEFがZEEBRAにビーフをしかけたからです。

 

(正直、この曲は僕はあまり良いとは思わないですが)

 

その曲がこちら↓

RAU DEF-KILLIN EM!

 

この曲になんとZEEBRAがアンサーを返したんですよね。

よくこの曲にアンサーしたと思う。

 

しかもRAU DEFがアップしてから約29時間後に!!!高速アンサー(笑)

Zeebra- die by the beef

 

トチ狂って年上にライムでケンカ?
若手虐めるのは柄じゃねえ
だから忘れんなよ これはお前のGAME

正にスピルバーグVSジョージ・ルーカス
1ヴァースでお前の背筋凍り付かす

 

RAU DEFはSTINGAと言う曲でも

ZEEBRAがスピルバーグだったら俺はジョージルーカスと

歌っており、それを踏まえたアンサーをしています。

 

ZEEBRAは、その言い回しを凄い気に入っていたらしく

 

インディジョーンズはスピルバーグとジョージルーカスの共作だから

俺らもやろうか。って感じで、今回のHYPATECHが誕生したそうです。

 

 

RAU DEFは昔のZEEBRAへのディスソングについて、少やりすぎたけど、

まぁ自分に自信があるのなら、こういう方法もありなんじゃないか

と言っておりました。

 

なんにせよ、今回のビーフは成功ですよね(*^_^*)

 

良い曲が聴けたなと正直に思いました。

 

 - 日本語ラップ ,