HIPHOPのアルバムはなぜ1stアルバムが良いのかを語ってみる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ラッチです。 ヒップホップにハマって15年。 ジジイになっても聴き続けると思います。

どうもRATCHです。

今日はヒップホップのアルバムはなぜファーストアルバムが素晴らしいのかを僕なりに語ってみます。

 

スポンサーリンク




 

1stアルバムはなぜ素晴らしいのか

 

世の中には数多くのCDアルバムが発売されています。

 

ことヒップホップに関しては、ファーストアルバムというのが超大事なんですよね。

ファーストにしかない雰囲気と言ったものがあります。

圧倒的熱量って言うんでしょうか。

 

アーティストによっては、その雰囲気を出すために、違うグループを結成して曲を作ったりします。

では1stが良い理由を書いていきます。

 

そもそも1stが良くないと2ndが出せない

 

そもそも論なんですけど(笑)

1stがある程度良くないと、2nd出せないですよね。

 

こいつのCDどうせ売れないからプレスするのヤダよ的な。

 

全く売れてなくても、自主製作でガンガン出す人も居ますけどね(笑

売れてなくてもコアなファンがついてれば良いと思いますけど、誰からも相手にされてない状態での2ndはキツすぎます。

 

スポンサーリンク



売れてやる、成功してやると言う思いが乗っている

 

ココが一番だと思います。

魂の問題です。

1stって出す前は金なんて無い人が大半なんですよ。

そのCDが売れて金が入るんですから。

 

ハングリー精神は歌詞に現れて、聞く人を震わせるんです。

 

売れたラッパーは金持ちだぜーみたいな曲を多く出しますが、そんな曲、誰が聴きたいんでしょうか?

リスナーあってこその音楽だって事を忘れてしまうのです。

 

1stで歌詞が尽きる

 

ラップは他の音楽と違い、歌詞(リリック)の量が多いです。

 

1stでは「言いたい事だらけだ! 世の中ぶっこわしてやる!!」って感じの人も言いたい事が無くなってしまうのです(笑)

だから自分の名前やチーム名を連呼したり、a.k.a(またの名)を連呼したりして歌詞を埋めたりします(笑)

つまりテーマ不安定な適当な歌詞の出来上がりです。

 

僕も最初に作ったアルバムは凄い好きです。(自分で)

 

普通出し惜しみせず1stに賭ける

 

例えばCD出すのが22歳だとします。

産まれてから歳までに経験したこと、感じたこと、思ったことを歌詞にして歌うわけです。

 

特に言いたいことから歌います。

 

1stは捨てて2ndに賭けるから歌詞はとっておくぜ! なんて人は殆どいないわけです。

 

1stに持ちうる全ての歌詞を注ぎ込むのです。

 

2ndは、1stで言い残した事、1st出した後に経験したこと、体験した事を歌うわけです。

 

だから、歌詞の質が落ちるんです。

 

逆に、歌自体、曲自体は慣れでレベルアップしていきます。

 

歌のレベルは上がるのに、歌う歌詞がないんです。

 

以上。これが1stアルバムが良い理由です。

少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク




 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ラッチです。 ヒップホップにハマって15年。 ジジイになっても聴き続けると思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© HIPHOPのアジト , 2018 All Rights Reserved.